うまこblog

日々の雑記です。

百箇日法要と納骨式

ブログ訪問ありがとうございます😊

 

昨日は義父の百箇日法要と納骨式の日でした。

 

f:id:seori88:20200907220813j:image

 

百箇日法要とは

命日から100日後に迎える法要。

《もう、100日経ったからね、泣いてばかりいないで前を向いて歩こうね。》

と言った意味があるそうです。

 

11時からの予定でしたが、台風による雨が心配な為10時半からお寺で法要を始めました。

 

用意した物

⚫︎お布施 2万円(100か日法要)

⚫︎お布施 1万円(お墓開眼式、生入れ)

⚫︎御膳料 1万円

 

⚫︎お饅頭 20個用意しました。

⚫︎海の物 のり、あらめ

⚫︎山の物 人参、さつまいも

⚫︎酒(2合瓶)

⚫︎塩

⚫︎米

⚫︎花 一対

 

お経、焼香が済み、なにやら畳の上に新聞紙とサラシを2枚十字に置き何をするのかなぁと思っていたらその周りに皆んな集まるように言われ、夫に骨壺を開けて骨をさらしの上にそっと乗せる様に指示をされました。

そしてさらしをギュッと結んで、お墓に持って行きお墓の中に安置しました。

 

サラシは綿100%なので、数ヶ月もすれば穴が空いていずれは土に還るそうです。

 

よく、お墓が骨壺が一杯でもう入るスペースがないとか聞いていたので、私はてっきり骨壺のまま安置すると思っていたので内心ビックリ。

 

でも骨壺の中で骨だけが永遠に残るより骨も全て土に還った方が自然の様な気がします。

宗派によって違うかもしれませんし、いい、悪いは言えませんが。

 

心配した雨も降る事なく無事納骨式も終わり、6月に亡くなってから葬儀、49日、初盆、100か日と毎月法事が続いていたのでこれでようやく一段落つきます。

 

すぐお隣のお墓が造花が飾ってあって、ご住職が言うには造花だとお花が枯れてないかとご先祖様を思う気持ちがなくなるから生花の方がいいとの事でした。

毎週とは言わないけど、月に1回位はお墓参りに来るといいそうです。

 

これから月命日近辺に義母を連れてお参りに行こうと思います。

 

f:id:seori88:20200907220159j:image