うまこblog

日々の雑記です。

苦渋の決断

ブログ訪問ありがとうございます😊

 

先日の千葉県佐倉市の「佐倉ふるさと広場」のチューリップ約80万本が、来場者が密集し、新型コロナウイルスの感染が広がるのを防ぐための措置として刈り取られた事に続き、福岡県八女市にある国の天然記念物「黒木の大藤」の花も多くの人出が予想されるとして刈り取られました。

 

f:id:seori88:20200429222253j:image

 

なんだか悲しい。苦渋の選択という事だけど、刈り取るしか方法がないのでしょうか?

 

藤の花が咲く前から市内の所々に藤の花見物・立ち入り禁止の看板を立てるとか、藤の花のある神社の周りの道路を封鎖したり、HPで知らせたり。

 

外出を何とも思っていない人たちも看板や警備の人を見て、「やっぱり入れないのか。」と多くの人は帰って行くと思うのですが…。

やる事が遅いのではと思ってしまいました。

 

高須クリニックの高須院長がツイッター

 

f:id:seori88:20200429225838j:image

黒木の大藤をいじめると祟るよ、よくない事が起こるよと、風評を流したいとおっしゃっていました。

場所が神社というのもそれらしいし。

 

 

そういえば、《鬼滅の刃》の第四話 最終選別で藤の花は鬼が嫌うと言ってたし、「藤の花を刈ると鬼が来るぞー。」とか何らかの風評になる?(←多分漫画だけの話なので絶対ならない)

f:id:seori88:20200430002250j:image

まあもう刈ってしまったのでしょうがないですね。ただ、花を早くから刈ると翌年花のなりが良くなるそうなので来年は今年以上に綺麗な花を咲かせてくれる事を願います。