うまこblog

日々の雑記です。

犬の断耳 断尾

ブログ訪問ありがとうございます😊

 

今朝起きたらこの光景。

 

f:id:seori88:20200413210521j:image

 

にゃんだよ、可愛いじゃんかプクちゃん(デカいのは変わらずだけど)と思わずパシャリ。

 

いつもはハンター顔なのにどうして???

 

①普段吊り上がっている目が下から上を見上げる事で丸くなっている。

 

②片耳だけ折れている。

スコティッシュなどの耳折れは顔の丸さが強調されてかわいく見えます。

クリップで耳とめたろか…それは虐待なので辞めておきます。

 

断尾や断耳

 

虐待ではないのですが、犬はシェルティーやコリーなど耳折れにする為に生後2ヶ月頃から1歳頃までテーピングして矯正する犬種がいます。

 

f:id:seori88:20200413213717j:image

 

テーピング位ならまだいいのですが、プードル やコッカースパニエル、コーギーなど生後目が開かないうちに狼爪除去して断尾する犬種や

 

f:id:seori88:20200413220107j:image

 

シュナウザーミニチュアピンシャードーベルマンなど断耳する犬種も

 

f:id:seori88:20200413220648j:image

 

狼爪除去や断尾は昔、獣医に勤めていた頃にちょくちょく助手を務めました。

まだ目が開かない頃に切ってしまうので無麻酔で行います。一瞬「痛〜い!」と泣きますが、お母さんに戻してあげるとすぐおっぱいを飲みながら寝てしまいます。

断耳は7〜12週齢になったら行うのが一般的らしいです。そこそこ大きくなってからなので、麻酔をかけ断耳します。 

 

断尾、断耳をなぜするか

 

歴史的背景があるようです。

 

・オオカミに尾や耳を噛まれて出血しないため。
・狩猟や牛追いの時、馬や牛が尾を踏む事故を防ぐため。
・狩猟時に、イバラ等で傷つけてしまう事故を防ぐため。
・狩猟時に、犬の興奮時における尾の振りで音を立て、獲物に気付かれるのを防ぐため。
・キツネと見間違えることを減らすため。
・断尾犬は狂犬病になりにくいと考えられていたため。
・断尾した犬は税金を納めなくてもよかったため。
・荷車を引くときに、長い尾は邪魔であったため。

 

現在ではコンパニオンアニマルとして飼われているのに断尾、断耳する理由

 


・JKCが犬種標準(スタンダ-ド)に定めているため。
・ブリ-ダ-が慣習として続けているため。
・美容整形・ファション性のため。
・垂れ耳の犬は断耳により耳がむれにくくなり、耳の病気が減るため。
・尾に糞がついて不潔になるため。
・長い尾が気になり、自分の尾を噛んで傷つけてしまうのを防ぐため。

      ペットクリニックドットコム様より引用

 

ドッグショーなどに出るのでなければ耳が大きかろうと、尻尾が長かろうといいのではないかと個人的には思ってしまいます。

人間の都合でほぼ見た目だけの為に痛い思いをさせるのは可哀想かと。

 

犬種で言うとショーに出るシュナウザーだけには生まれ変わりたくはない。

 

狼爪除去、断尾に始まり、断耳、耳の中の毛は他の犬種より密集しているがシャンプーの度に全抜きされショーの前には何日かに分けて頭、背中足の毛を全て剛毛にする為に抜かれる。

 

絶対痛い犬生じゃん。

うちに来るシュナウザーは断尾はしてあっても断耳はしていない子ばかり。

毛も抜かずにバリカンで刈ってしまうから剛毛にはならないけど、家庭犬では問題ないでしょう。

 

その犬種の歴史も大切だけど、昔は耳や尾を切ってたんだよねと、どの犬も生まれたままの姿でショーリンクを走る時代になればいいなと思います。

 

f:id:seori88:20200414013318j:image