うまこblog

日々の雑記です。

アルコールがなければ次亜塩素酸水がオススメ

ブログ訪問ありがとうございます😊

 

今日Twitterを見ていたらこんな書き込みが。

f:id:seori88:20200227201208j:image

 

ミルトンは次亜塩素酸ナトリウムだからキッチンハイターの方が安価ではないの?ミルトンは赤ちゃんとママが困らないように買い占めは辞めてほしい。

 

でも次亜塩素酸ナトリウムは人体以外で使うならいいけど、薄めても人体には有毒ですよね。

(まあ、たまに台拭きんを消臭&漂白する時にハイターを水で薄めた液に浸けたり、絞る時素手で触るけど、毎日何回も触ったら手の皮剥けると思います🤔)

 

アルコールがわりに手指の消毒に使う人もいるかも知れないし、ちゃんとした情報をテレビとかで報道してくれるといいのにな。

 

厚生労働省のHPを見ると、新型肺炎の消毒方法に、手などの皮膚の消毒を行う場合には、消毒用アルコール(70%)を、物の表面の消毒には次亜塩素酸ナトリウム(0.1%)が有効である。

と書いてありました。

 

次亜塩素酸ナトリウム0.1%ってどうやって作るの?

目黒区のHPに次亜塩素酸ナトリウム液の作り方が載っていました。

0.1%液を作るのには500mlの水にハイター原液を10ml入れるといいようです。

 

物の消毒はハイターでいいとして、手指の消毒のアルコールは薬局にもないばかりか、病院でも不足しているようですね。

 

そこで手指や物の消毒で私がお勧めしたい物は

「次亜塩素酸水」という消毒剤です。

先程の次亜塩素酸ナトリウムとは名前は似ていても全く違う物です。

 

f:id:seori88:20200227210412j:image

これを100ppmに水で薄めて毎日お店の犬舎や器具、床などの消毒に使っています。

f:id:seori88:20200227210425j:image

 

厚生労働省が発表している「次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの同類性に関する資料」というデータによると、「次亜塩素酸(HOCl)の殺菌力は次亜塩素酸イオン(OCl-)より約80倍高いといわれている。」と、なっており、次亜塩素酸水の中には、次亜塩素酸ナトリウムよりも”次亜塩素酸”として存在する割合が高いため、高い殺菌活性があるということなのです!
ノロウイルスや様々な細菌に対する効果も資料では示されているので、新型コロナウイルスに対しての殺菌作用も期待できるということです。

しかも、次亜塩素酸ナトリウムよりも発生してしまうクロロホルムの量も少ないことがわかっているので、より安全なのも次亜塩素酸水の特徴です。 

原料は水と塩。消毒した後は菌やウイルスなどの”有機物”とくっつくと水に戻ってしまうので強力な殺菌効果を持ちながらも人体や動物には害を与えません。

歯医者さんでも洗口液として使っている程安全性が高いのです。

 

使いにくい所は薄めた後は1週間位で効果が薄まる事と、遮光ボトルで使用する事位かな。

f:id:seori88:20200227224121j:image

※携帯用の遮光ボトルがなかったので、アルミホイルまいて使っています。

 

そういえば、フクを飼い始めた時元ノラ猫だった彼は家に来た時から頭にハゲがあって獣医さんに診せたら真菌で、人にもうつりますよと言われました。

案の定私のお腹に1cm位の丸いものが出来て、この次亜塩素酸水を毎日かけていたら治りました😄

 

 

私が使っているプロプレという商品はどこのネットも売り切れで無かったのですが、他にも次亜塩素酸水はいっぱい売っていたので、新型コロナウイルスの対策として、アルコール消毒を手に入れられていない方は、用意しておくと安心だと思います。